1. HOME > 
  2. 学科紹介

概要

introduction-01情報工学は今日の高度情報化社会を支える基幹専門分野です。

皆さんが持っている携帯電話をはじめ,コンピュータ・情報システム,通信・ネットワークは,情報工学の技術なしでは成り立ちません。

情報工学科では,時代の要請に応えるべく,情報システムの開発・運用(システムエンジニア),コンピュータや周辺機器の開発,組込みシステムの開発,ネットワーク関連分野など種々の分野で活躍できる技術者・研究者の養成を目指し,情報工学の理論と実践の教育を行っています。

情報工学科の特徴

教育の3本柱

情報工学科では,ソフトウェア,ハードウェア,ネットワークを3本柱とするバランスのとれたカリキュラム構成で,時代に即応できる技術者を養成します。

JABEE

情報工学科コンピュータエンジニアリング(CE)コースは,社会の要求水準を満たすJABEE認定を受け,CEコース修了生は国際的な技術者として認められます。

設備・支援

情報工学科専用のコンピュータ実習室などの教育研究設備・環境が整えられており,チューター制や女子学生支援など,きめ細やかな支援体制のもと,充実した大学生活に向けてサポートします。

「情報」と名の付く学科は多数存在します。例えば,情報科学科など,数学的な理論やソフトウェアが中心の理学系の学科や,経済情報学科,社会情報学科など文系的な要素も含む学科があります。

情報工学科はこれらの学科とは異なり,工学系の学科として「ソフトウェア」,「ハードウェア」,「ネットワーク」を含んだ情報システムに関連する理論の教授,システム構築のための実験実習教育,技術発展を目指す研究を行い,情報化社会を支える基幹専門分野で活躍できる人材の養成を目指しています。

3つの方針

詳しくは、こちらをご覧ください。(PDFファイル)

© 2016 岡山理科大学 工学部 情報工学科
受験生の方へ
在学生の方へ
企業の方へ