1. HOME > 
  2. 教育内容

養成しようとする技術者像

養成しようとする技術者像本学建学の理念は,「ひとりひとりの若人が持つ能力を最大限に引き出し,技術者として,社会人として,社会に貢献できる人材を養成する」ことです。

情報工学科は,この基本理念の下に「各種の科学技術の基礎をなす知識とそれを応用する能力を身につけて未知の領域を開拓し,社会に貢献する技術者を養成する」ことを教育理念とします。

具体的には,ソフトウェア・ハードウェア・ネットワークを含んだ情報システムに関連する理論の教授,システム構築のための実験実習教育,技術発展を目指す研究を行い,情報化社会を支える基幹専門分野で活躍できる人材の養成を目的とします。

本学科では専門分野との関連を考慮して,数学や物理学などの基礎知識の修得とともに,新しい情報技術にも対応していけるように,幅広い情報工学技術の基礎的知識修得に配慮しています。また技術だけでなく,情報技術が社会に及ぼす影響について考える能力や国際的なコミュニケーション能力も身につけます。

本学科には,情報技術コース(ITコース)とコンピュータエンジニアリングコース(CEコース)の2つのコースを設けます。

ITコースでは,ハードウェア,ソフトウェア,およびネットワーク技術の基礎をなす各種の知識とこれらを使用する場合に必要となる基礎能力を身につけ,社会人としての一般教養を持ち,情報技術を活用する仕事に携わることができる技術者を養成します。

CEコースでは,ハードウェア,ソフトウェア,およびネットワーク技術の基礎をなす各種の知識とこれらを応用する能力を身につけ,コミュニケーション力,高い倫理観,問題解決能力を兼ね備え,コンピュータエンジニアリング分野の業務において主体性を持って問題解決に当たることのできる自立した技術者を養成します。

学習・教育到達目標

 
© 2016 岡山理科大学 工学部 情報工学科
受験生の方へ
在学生の方へ
企業の方へ